日本へ紅葉狩りやスキーに行くなら、何を着ればいい?天気予報だけでは足りない?/ 來日本賞楓,滑雪,衣服到底該怎麼穿?單靠天氣預報不夠?


☆中文內容在下面!!!想看中文請點這裡!

「旅行地の天気予報を確認したのに、服はどうすれば良いのか全然わからない」。

皆さん、海外旅行に行く前、こんな悩みを持ったことはありませんか? 海外でいるときのコーデは悩みの種です!

同じ温度なのに、日本・台湾・香港は全然体感温度が違う、一体なぜでしょうか。

 

ここまで見て、心当たりがある方もたくさんいると思います。その原因は「体感温度の違い」です。

 

文字だけを見ると、「体感温度」は主観的な感覚というイメージですが、実際は厳密に計算された結果であるとも言われています。

体感温度を算出する際は、湿度や風速などを全て計算しています。もちろん、各国は地理環境や天気が違うので、「体感温度」を計算する公式や方法も違います。

台湾でも「体感温度の公式」があり、香港の場合は最近「暑さ指数」がよく注目されます。

(日本には体感温度を計算するサイトやアプリがあります)

 

しかし、出かける前に毎回計算するわけにもいきません。特に、天気予報多くは「体感温度」関連の情報も提供してないので、服装はどうすればいいのか、わかりづらい場合もあります。

そこで、TNQLが提供する気象データと豊かなコーデイラストを活用し、あなたの旅の味方にしましょう。

TNQLは、気象ビッグデータを分析・活用し、その日の気温・天気・降水量などから体感温度を算出し、ユーザーに最適なコーディネートをレコメンドするサービスです。

毎日変わるお天気に影響されることなく、いつでも自分らしいおしゃれを楽しみたい女性のために開発されました。

AIがユーザーの好みを学習して、820パターンのイラストから、ひとりひとりに最適なコーディネートをおすすめしてくれます

 

5℃以下 5℃-10℃ 10℃-15℃

10℃-15℃
(最高気温20℃以上)

できるだけ暖かく!(笑)
特に初めて雪降り地域に行くの方が!靴は滑りにくいのがいい
服だけではなく、露出しやすい顔、手、首も忘れないよう
温度だけ見たら怖いと思いますが、
実際に厚いトップスとコート合わせたら十分です!
念のため、マフラーも持って行こう
台湾の15℃はもうめっちゃ寒いですが、日本でこの温度は結構涼しいでしょう
長袖とアウターであれば十分!
ある人に対して厚いトップス一つのみでも大丈夫ですよ。
コートは温度差対策に、
インナーは好みの長袖や半袖はOK
15℃-20℃ 20℃-25℃ 25℃-30℃ 30℃以上
 
風や雨のとき涼しいので、
ニットやパーカーなど一つでピッタリ
厚いコートはもういらないでしょう。
基本的に薄い長袖もう十分。
もし半袖を着れば、薄いアウターをお勧め
半袖とショートパンツだけでも安心! 日本の夏も結構暑いですよ!
日焼けしないように!

上記のチャートを見て、今回の旅の服は決まりましたか?

おそらく足りないでしょう!そんな時は、ぜひTNQLを試してください!

 


 

來日本賞楓,滑雪,衣服到底該怎麼穿?單靠天氣預報不夠?

不知道大家出國玩時有沒有遇過這樣的困擾,整理行李的時候想查該帶什麼樣的衣服,看了天氣預報卻還是一頭霧水?又或是聽了別人的建議,到當地卻發現因為下雨帶的衣服不夠、又或是不小心帶了很多穿不到的衣服占空間?沒錯,就是到了國外衣服該怎麼穿的問題!明明是一樣的溫度,怎麼在日本、台灣、香港都是不一樣的感覺,到底該怎麼判斷要帶什麼樣的衣服呢?

說到這裡,可能已經很多人想到答案了,就是因為各地甚至各個時期的「體感溫度」不一樣的關係。

「體感溫度」就字義上看起來是個很主觀的概念,實際上是一個經過統計、並計算之後得出的結果。
為了使民眾在穿衣服時能夠有更精確的參考依據,將任何會影響人感知溫度的因素都列入計算,例如風速、濕度、日照等等。當然,各國因為地理環境、氣候等因素皆不同,因此各國計算「體感溫度」的公式或方式也不盡相同,例如台灣有一套「體感溫度計算公式」,而香港近年則是很關注「酷熱指數」。

<出處>氣象服務系列「體感溫度預報服務」

當然我們不可能每天出門前還要算數學,尤其大部分日本的天氣預報只提供氣溫、也沒有體感溫度相關的訊息,到底應該怎麼準備行李呢?這邊TNQL想藉著我們的氣象數據和豐富的時尚插圖來給你一些旅遊穿搭的實用建議!

TNQL是一個同時提供天氣預報和穿搭建議的免費網站,利用氣象大數據資料作分析,將體感溫度也列入計算,每天推薦你適合的穿搭方式!不僅如此,TNQL提供每3個小時為單位的詳細天氣變化,並且可以查詢到非常精確的地點!不論你是要去北海道滑雪、去上野公園賞櫻、去京都賞楓,只要把你的旅遊地點放到TNQL當中就可以得到實用的情報喔!現在就試試吧!

※以下標示的溫度都是當日的最低溫

低於5℃ 5℃-10℃ 10℃-15℃ 10℃-15℃
(高溫超過20℃)
保暖保暖再保暖!(笑)
特別是第一次到下雪地區的朋友要注意鞋子防滑
不只穿的衣服,容易露出來的臉、手、脖子等等的保暖也要注意喔!
不要被個位數的溫度嚇到了
基本上夠保暖的上衣再搭配外套出門是沒有問題的!
保險起見建議帶著圍巾、隨時覺得冷就披上吧!
雖然台灣15℃以下就會讓人冷得直發抖,但日本這個溫度其實還滿舒服的!
一般長袖搭配薄外套就能跑跳一整天
很多日本人甚至只會穿一件保暖的長袖就出門了喔!

溫差大的日子風衣外套是不可少的~
裡面的衣服可以依照自己的習慣選擇長袖或短袖,
但別忘了帶外套出門喔!

15℃-20℃ 20℃-25℃ 25℃-30℃ 30℃以上
有風或是下雨的時候還是會有一些涼
建議可以穿針織衫、大學T等等有一定保暖程度的上衣喔!
但基本上太厚重的外套已經不需要了
基本上薄長袖一件已經很足夠了~
如果是穿短褲、短袖還是建議帶個薄外套以防天氣變化瞜!
靠著短袖短褲遊日本已經不是問題了!
但有時候熱天要怎麼穿的有型反而也是有難度的呢!
日本的夏天熱起來也是很嚇人的!
出門別忘了做好防曬喔!

看了上面的表格,不知道有沒有讓大家對於日本各個時期的穿搭更有概念了呢?當然,只有這些資料是不夠的,歡迎大家登入我們的網站體驗更多更實用的穿搭建議喔!TNQL.jp

 

TNQL-テンキュール-天気は変わる。私のおしゃれは変わらない。© 2017 Le Grand Co., Ltd.