気象データの活用について

弊社では、気象データを活用したマーケティングとして、『Weather Driven Marketing』支援をしております。
気象データを有効に活用し、天候ドリブンにユーザーの環境や好みに応じて、最適なアプローチを実現していきます。
 
【Weather Driven Marketingで実現できること】
 ①気象データ×コーデ情報を活用したメディアの活性化
TNQLの一部機能をウィジェットにて提供しております。
毎日のお天気情報とオススメのコーディネート情報をユーザーへお届けすることで、毎日見たくなるメディアの構築を支援いたします。
【参考事例】 しごとなでしこ (小学館様)
メディアサイトにおいてTNQLウィジェットをご活用頂いています。
 
 
②消費者の琴線に触れる商品の開発や販売方法の模索
気象データに連動したレコメンドロジックを活用することで、TNQLに表示されるオススメのコーディネートやアイテムから、直接貴社のECサイトやブランドサイトに誘導することにより、貴社商品の売上向上を支援いたします。また、ユーザーの好みや傾向をAIが分析することにより、レコメンドの精度を高め、ユーザーと商品のマッチング率の向上を実現します。(2018年9月より、提供開始予定。出稿・掲載を希望される場合は、費用ならびに写真やクリエイティブに関するガイドラインなどについては、お問い合わせ下さい。)
③データの活用やシステム環境の整備に必要な環境・ツールの提供
TNQLの基本機能をAPI経由でご利用頂くことで、貴社のウェブサイトやアプリ・デジタルサイネージ上で、コーディネート提案だけでなく、天候やユーザーの好みのスタイルに応じた商品や情報・コンテンツをレコメンドする機能を実現できます。売上やコンバージョンなどの成果に関するデータをAIが収集・分析することにより、レコメンドの精度を向上することも可能です。
気象データのビジネス・マーケティングへの活用をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

TNQL-テンキュール-天気は変わる。私のおしゃれは変わらない。© 2017 Le Grand Co., Ltd.