第1回WDMS:日本IBM株式会社様 「Weather Means BUSINESS -気象データを活用したビジネストランスフォーメーション事例-」

基調講演②:日本アイ・ビー・エム株式会社様

「Weather Means BUSINESS -気象データを活用したビジネストランスフォーメーション事例-」

降水量が多い日は、エナメル素材のパンプスを。初夏におすすめのおしゃれ通勤コーデ3選!

「雨の日しか履けないレインシューズを買うのはちょっとな、、、」と思っている方にぜひ使ってほしいのが、黒のエナメル素材のパンプス。普段も履けるけど雨にも強く浸水しないので、ひとつ持っておくと雨の日の強い味方になってくれるでしょう。

そこで今回は、エナメル素材のパンプスを使った、初夏におすすめの通勤コーデを3つご紹介していきたいと思います。

ファッションがわからない人必見!3ステップで自分に似合う服を選ぶ方法。

ファッションが分からない、と悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか?

今回は、そんな悩みを抱えている方に向けて、「自分に似合う服を選ぶ方法」を3ステップで解説していきたいと思います。

気象データの活用について

弊社では、気象データを活用したマーケティングとして、『Weather Driven Marketing』支援をしております。
気象データを有効に活用し、天候ドリブンにユーザーの環境や好みに応じて、最適なアプローチを実現していきます。

第1回WDMSレポート:株式会社ハレックス様 「アナリティクスで生まれ変わる気象情報ビジネス」

基調講演①:株式会社ハレックス様「アナリティクスで生まれ変わる気象情報ビジネス」

 

2018年6月20日に開催された『第1回Weather Driven Marketing Summit』では、総合気象会社のパイオニアであるハレックス株式会社さま/世界最大規模の気象会社であるザ・ウェザーカンパニーやAIソリューションを保有する日本IBM株式会社さま/クリエイティブな提案を得意とする大手広告代理店である株式会社大広さまの皆様に、今後の気象データの活用について講演をしていただきました。

コーデが考えられない朝に頼れる!TNQLで「服選び」にかかる時間を節約しよう。

みなさんは、服選びにどのくらいの時間を使っていますか?

「マークス・アンド・スペンサー」の調査によると、18歳から60歳の女性は1日に平均で約17分を服選びに費やしているとのことです。

これは、単純計算で1年間で約100時間もの時間を費やしていることになります。

第1回Weather Driven Marketing Summitレポート

6月20日に気象データを活用した新たなマーケティングを推進していくことを目的とした『第1回Weather Driven Marketing Summit』を開催いたしました。

【梅雨でもおしゃれに】「モノトーン化」のマンネリから脱却するための、コーデログ3選

梅雨の時期は突然の雨に降られてしまうかもしれないし、お気に入りの服を着ないようにしている人も多いのではないでしょうか?

TNQLを活用して梅雨のファッションを楽しもう!

いよいよ今年も梅雨の時期がやってきました。

雨の日が続き、毎日のファッションにも困りますよね。

特にこの時期に気になるのが、どれくらいの雨の降水量なのかということですね。

ユウウツ気分には明るい色を!降水量別に提案するおしゃれコーデ

梅雨入りした東京は、あいにくの天気が続いていますね。 毎朝、天気や降水量を気にしながらお出かけする日々が続いているのではないでしょう か? 今回は、「天気予報で出される降水量をみてもどんな服を着ていけばいいのか分からない」、という方に向けて、降水量を目安にした最適なファッションをご提案したいと思います。