日本の天気の最高記録たち

 

日本には四季があり、地域によっても気候が全然違うので、自分が普段住んでいる地域では絶対に見られないような景色が、国内で見られるのも日本の魅力の一つですよね。

富山県の雪の大谷や蔵王の樹氷群など、様々な冬の絶景がありますね。

そんな絶景を生み出す自然は、びっくりするほどの寒い気温だったり、昨年の猛暑では大変な気温を記録しています。
先日も、Instagramで投稿された卵の写真がいいね獲得数世界一を記録したり、Twitterでのお年玉キャンペーンがリツイート世界一を更新したり、日々様々な記録が生まれています。
今回はそんな記録の中でも、日本の天気の様々な日本記録を紹介してみたいと思います。

 

■日本の歴代最高気温
1位:埼玉県熊谷  気温41.1℃ 観測日2018年7月23日
2位:岐阜県美濃  気温41.0℃ 観測日2018年8月8日
2位:岐阜県金山  気温41.0℃ 観測日2018年8月6日
2位:高知県江川崎 気温41.0℃ 観測日2013年8月12日

 

 ■日本の歴代最低気温

1位:北海道上川地方旭川  気温−41.0℃ 観測日1902年1月25日
2位:北海道十勝地方帯広  気温−38.2℃ 観測日1902年1月26日
3位:北海道上川地方江丹別 気温−38.1℃ 観測日1978年2月17日
4位:静岡県富士山     気温−38.0℃ 観測日1981年2月27日

 

なんと、北海道は富士山よりも低い気温を観測していました・・!

 

■日本の最大日降水量
1位:高知県魚梁瀬 降水量851.5mm 観測日2011年7月19日
2位:奈良県日出岳 降水量844.0mm 観測日1982年8月1日
3位:三重県尾鷲  降水量806.0mm 観測日1968年9月26日

 

■日本の最大風速
1位:静岡県富士山 風速72.5m 観測日1942年4月5日
2位:高知県室戸岬 風速69.8m 観測日1965年9月10日
3位:沖縄県宮古島 風速60.8m 観測日1966年9月5日

 

■日本の最深積雪
1位:滋賀県伊吹山 最深積雪1182cm 観測日1927年2月14日
2位:青森県酸ヶ湯 最深積雪566cm  観測日2013年2月26日
3位:新潟県守門  最深積雪463cm  観測日1981年2月9日

出典:気象庁HP

 

いかがでしたか?
びっくりするくらいの記録ですよね。
もちろんこの記録が全てではありませんが、寒暖差や積雪、雨など四季や場所によって多種多様な気候が現れるのが日本です。

日々の中でも少なからず気温差や天気の変化があり、服装に悩むこともあるかと思います。

TNQLを活用し、服装に悩まない日々を送りましょう!

 

TNQL-テンキュール-天気は変わる。私のおしゃれは変わらない。© 2017 Le Grand Co., Ltd.