いよいよ2019年の春節!気になる空港や日本の人気スポットのお天気は?

年が明けて2019年になったばかりだと思っていたら、あっという間に1月も終わり、もう2月になってしまいましたね。

暦の上では週明けには立春もあり、春もどんどん近づいてきていますね。

そして2月といえば中国の旧正月でもある春節の時期ですね。2019年の春節は2月4日(大晦日)から2月10日までとのことです。

春節に合わせて中国・台湾へ行く方も、または中国や台湾などの中華圏の観光客が多いスポットも盛り上がりを見せる時期ですね!

 

そもそも旧正月(春節)とは?

太陰暦(旧暦)のお正月の呼称です。中国だけではなく、東南アジアや世界各地でもお祝いされる祝日で、香港・台湾はもちろん韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、モンゴルなどでも国定の休日となっているようです。

春節には多くの文化的な行事が開催されます。地方などでは、今でも爆竹や龍の舞などの習慣も残っているそうです。

また春節に合わせた飾り付けも有名です。道路や家・建物などのあちらこちらを赤で装飾します。

春節と聞くと、赤を思い浮かべる方も多いかと思いますが、その通りで赤が春節のメインカラーとなります。赤色はおめでたい色ともされているので、本当に春節に合わせて国中が祝福モードになるんですね。

その他にも、春節にまつわる食べ物や習慣はたくさんあります。

日本のおせちのように、春節で食べるものにも名前や形によって象徴的な意味になるものがあるそうです。

例えば中国語の魚の発音「Yu」と「余る」の発音が近いことから、魚を食べると翌年にお金や幸運が余分に舞い込んでくると言われており、春節には欠かせない食べ物になっています。

その他にも、団欒・喜びなどを意味する餃子や春の象徴とも言われる春巻(春餅)、年糕また「年年糕」と呼ばれる正月もちは仕事と生活が年々良くなると言う意味があり、多くの地域で食べられるそうです。

 

 

気になる主要空港の週末のお天気は?

2月4日から大晦日となり、始まる春節に合わせて日本から中国・台湾・香港などに帰省・旅行される方も多いのではないでしょうか?

多くの華人や関係する人々が移動するため、中華圏では一年で最も混雑する時期で、列車やバスなども大変混み合います。

日本でいう帰省ラッシュですね。

昨夜は東京でも雪が観測されるなど、この週末で日本から中華圏に出発する方は、空港などの天気が気になりますよね。

それでは、日本の主要空港の週末のお天気を見てみましょう。

 

成田空港

 

羽田空港

 

関西国際空港(KIX)

 

本日から週末にかけて、天気も特段崩れなさそうですね。

せっかくの帰省・旅行ですから、しっかり暖かい格好をして出かけるようにしましょう。

TNQLを活用すれば、日本各地の詳細な天気情報とどんな服装をしていけば良いかがすぐにわかります。

駅や空港を利用される方や、中華圏の旅行者が多い地域などは、天気をしっかり確認して、楽しい春節を過ごしましょう!

 

 

TNQL-テンキュール-天気は変わる。私のおしゃれは変わらない。© 2017 Le Grand Co., Ltd.